大地と共に心を耕せ

愛媛県立宇和高等学校

〒797-0015 愛媛県西予市宇和町卯之町4丁目190番地1
TEL 0894-62-1321   FAX 0894-62-6127

 

県立高校、中等教育学校の魅力ある活動を集めました。こちらのページを御覧ください。

桜が丘通信

2年生課題研究 科学班

2年生は総合学習の時間に課題研究をしています。2月の発表会を控え、科学班では代表選びのグループ別発表を行いました。
科学班では、「割れないシャボン玉の研究」「よく飛ぶ紙飛行機の研究」「食品を用いた糊の研究」「植物の育て方から情報の真偽について確かめる研究」を行いました。
結果、シャボン玉グループが全体での口頭発表を行うことになりました。選ばれなかったグループもポスターでの発表を行います。

 

3年生の桜が丘タイムで自動潅水装置について学びました。

3年生の桜が丘タイムで自動潅水装置について学びました。農場の自動潅水装置は「PIC(ピック)」というマイコンでコントロールされています。年間7万ポットの花苗を生産する圃場では、灌水が不可欠ですが、一度にすべての圃場を灌水することは水圧の関係でできません。そのため灌水経路を切り替えながら行うのですが、人力でこの切り替えをすると、それだけで2時間以上かかってしまいます。そのため電磁弁とタイマー、PICを活用して、自動で経路を切り替え、灌水時間についても調整できるようになっています。①雨の日は灌水しない。②決められた時間ごとにリレーを切り替え灌水する。③必要な時は現場でダイヤル調整し、経路ごとに冠水時間を調整する。という3つの制御が行われていました。
Arduinoもブートオンリセット(電源が入るとプログラムが自動で実行される機能)が備わっているので、タイマー付きコンセントとリレーを活用することで、まず、②の制御についてはできそうです。






ダイコンの塩漬けを燻製にしました。

ダイコンの塩漬けを燻製にしました。
2週間ほど3%濃度の塩漬けを行い、乳酸発酵の独特のにおいを確認しました。pHは、実験前は7だったものが、5.1まで低下しており、乳酸菌以外の細菌が増えにくい環境になっていました。試食後に、燻煙室で桜のチップを使って3時間ほど燻煙しました。燻製にすると独特の香りがついて美味しくなります。塩と鷹の爪だけなので甘くておいしい調味料を添加した漬物に慣れていると食べづらいかもしれませんがお茶漬けなどに添えるととっても乙な感じになります。








生物工学科の3年生が課題研究の成果発表会を実施しました。

生物工学科の3年生が課題研究の成果発表会を実施しました。インターンシップを選択した生徒は、フジ宇和店、松葉寮、小野田牧場、田之筋保育園、西予市民病院に受け入れていただき、計13回の職場体験を年間を通して経験させていただきました。専攻班でのプロジェクト研究では、地域農産物を利用した加工品開発を行うなど次年度につながる発表が多くありました。発表後に3年生一人一人が卒業後の進路について2年生に説明し、課題研究で心掛けたことや、職場体験先で学んだ挨拶やコミュニケーションの大切さなどを伝えました。2年生も来年の自分たちと重ねて真剣に発表会に参加していました。
























教頭先生最後の授業

2月の家庭学習期間が近づいてきました。3年生の授業は今週で終わり、来週からは学年末考査が始まります。
本日4時間目の33Rの理系で、井関教頭先生による現代文Bの授業が行われました。教頭先生は今年度で退職されるため、これが最後の授業です。終了5分前に、生徒による花束贈呈が行われました。隣で授業をしていた文系の生徒や職員室にいた先生方も参加して、和やかな雰囲気で授業を終えました。
教頭先生、長い間お疲れ様でした。これからも宇和高校を温かく見守っていてくださいね。