自然災害(台風等)への対応について

1 登校前に、南予北部地方に「特別警報」または「暴風(雪)警報」が発令されている場合は、生徒は登校できる準備をした上で「自宅待機」とする。正午(12:00)までに当該警報が解除された場合、実施可能な時限より授業を再開するので、安全に十分配慮して登校する。
 ただし、災害状況等により登校できない場合は、学校まで連絡をすること。

 

2 当該警報が正午(12:00)まで継続して発令されている場合(解除にならない場合)には、その日は「臨時休校」とするので自宅で学習をする。

 

3 その他の警報(波浪警報など各種警報)や注意報については、下記のとおりとする。
(1) 原則、開講日であるから、安全に十分配慮をし、事故に遭わないよう細心の注意を払って登校する。ただし、状況等により登校できないと判断できる場合は、公欠・公遅扱いとするので、無理をしないこと。
(2) 公共機関を利用している場合
  ア 平常どおり運行しているときは、安全に配慮して登校する。
  イ 運休の場合は、原則として、安全に十分配慮した上で、代替の交通手段を確保して登
   校する。代替手段がない場合は、自宅待機とし、運行回復と同時に登校する。ただし、
   やむを得ない状況と判断できる場合は公欠扱いとするので、無理をしないこと。
  ウ 公共交通機関の運休による欠席等は公欠扱いとするが、運行が回復したにもかかわら
   ず登校しない場合は、欠課・欠席扱いとなるので、交通機関の運行情報には各自で注意
   しておくこと。(自然災害以外のストライキや事故等の運休も含む。)

 

4 土曜補習日、長期休業中の補習日、模擬試験においては、南予北部に「特別警報」または「暴風(雪)警報」が発令されていれば、その日の補習・模擬試験は中止または延期とする。
  同様に、休業日の部活動(公式戦等は除く)も実施しない。

 

5 特別警報の発令や大地震、津波等の大災害が起こっている場合等は、自身および家族の安全確保を最優先し、自宅待機や避難所への避難を行う。その際、可能であれば学校に連絡をする。

 

6 その他、必要な連絡事項(始業時刻の変更や臨時休校など)がある場合、緊急連絡網等で連絡をするので、原則として、学校への問い合わせはしない。