桜が丘通信

2年生の科目「総合実習」草花専攻生のシクラメン交流学習が始まりました。

2年生の科目「総合実習」草花専攻生のシクラメン交流学習が始まりました。生物工学科2年生の科目「総合実習」の授業で、シクラメンの栽培方法を小学生に伝授する「シクラメン交流学習」を昨年の12月19日に吉田町の奥南小学校と、本日、宇和町の石城小学校で実施しました。好天に恵まれとても楽しい学習会となりました。










3学期開始

本日より3学期。始業式、身だしなみ指導、ホームルーム活動、そして期首テスト(3年生は授業)が行われました。
3学期は短くすぐに終わってしまいます。目標を立てて生活をしていきましょう。
特に3年生は2月から自主学習期間に入ります。最後の学校生活を思い出に残るものにしましょう。

 

1月の農場の様子です。

1月の農場の様子です。ブルーベリー園でミノムシを発見しました。よくよく考えてみると天然材料を巧みに活用している生き物ですね。草花温室にシクラメンがありますが、現在農場で管理されているシクラメンは、地域の小学校で実施される「シクラメン講習会」で小学生に配布する予定のものです。
昨年末に実施した森林林業教室でいただいた小さな丸太を斧とハンマーを使って薪にしました。「薪割りは乾いた木よりも生木の方がやりやすいんだよ。」と教えていただきました。この薪を使って課題研究の時間に石窯でピザを焼いてみようと思います。ちなみに、バイオマス資源である木材を燃やして出る二酸化炭素は、もとは樹が光合成で大気から固定したものなので「カーボンニュートラル」であり、化石燃料を使用するよりも環境にやさしいそうです。












2年生の常緑果樹班が先進農家実習に参加しました。

2年生の常緑果樹班が先進農家実習に参加しました。宇和島市吉田町内の先進カンキツ農家の農園で2日間体験実習を行いました。農業経営の考え方や栽培管理の手法など、実習や経営者の方々とのお話を通して様々なことを学ぶことができました。
実習後の感想で、「カンキツ農業のイメージががらりと変わりました。」など、大きな刺激をもらうことができました。ありがとうございました。