桜が丘通信

農業クラブの第2回各種発表校内大会が実施されました。

農業クラブの第2回各種発表校内大会が実施されました。新役員で初めての運営を行いました。
プロジェクト発表では、4つの専攻班がそれぞれの研究内容を発表しました。意見発表では、農業クラブ活動などの体験から自分の進路を見つけたものや、SDGsに関する学習、7月の西日本豪雨災害を通して自然の猛威を経験した内容などがありました。代表に選ばれた選手は1月16日の県大会に出場します。
















「吉中愛顔未来フェス」で加工品とパニーニの販売を行いました。

「吉中愛顔未来フェス」で加工品とパニーニの販売を行いました。当日はとても寒かったですが、元気いっぱいの活動やステージイベントを見て、こちらも逆に元気をいただきました。加工品販売も、吉田中学校の生徒さんがスタッフとして参加してくれたおかげで、すべて完売することができました。ありがとうございました。ぜひ宇和高校にも興味をもって来てもらいたいです!
 





実験技術の向上

期末考査も終わり、3年2組理科探究の時間では、今年身につけた実験技術を生かして合成実験をしています。

今日はアニリンを合成しました。

この1年で手早く正確に実験ができるようになりました。

狸がいました。どこにいるでしょう。

 

 

こたえは↓

 

 

 

拡大です。

二匹いました。

生物工学科の1年生が、パニーニ用の白焼きパンを焼きました。

「吉中愛顔未来フェス」でのパニーニの販売のために、生物工学科の1年生が、パニーニ用の白焼きパンを焼きました。
33人が心を込めて生地をこね上げました。(仕上げは縦型ミキサーです)
「パニーニ」とは、ホットサンドイッチの一種で、明日のイベントではベーコン、玉ねぎ、チーズなどをサンドして、焼き上げたものをハーフサイズ50円で販売予定です。(およそ300食分です。)
寒くなりそうなので、熱々のベーコンチーズパニーニを是非食べてみてください。
ニンニクとオリーブオイル、岩塩をミックスしたソースを用意しています。ニンニクは匂うと言われますが、入れて焼いたほうが圧倒的に美味しいと人気です。ぜひ「ニンニク入りで!」と注文してくれると嬉しいです。








笠置峠古墳と浴衣

 桜が丘タイム(総合的な学習)の時間に、「日本の伝統文化」選択生の3年生男子が笠置峠古墳に行きました。笠置峠古墳は西南四国最古の前方後円墳であるそうです。およそ1700年前の文化を肌で感じることができました。

 また、女子生徒は浴衣の着付けを行いました。

 

シクラメン交流学習会を行いました。

生物工学科2年生の総合実習で草花専攻生5名が、西予市宇和町の皆田小学校でシクラメンの栽培方法を伝達する、シクラメン交流学習会を実施しました。今年度1回目となる学習会で緊張もありましたが、小学生の協力で楽しく終了することができました。






朝掃除

家庭クラブの活動で、各クラスが持ち回りで朝清掃をしています。1年1組の生徒がイチョウの葉っぱを綺麗に掃除していました。

ニンジンイモで「芋ようかん」を試作しました。

東山(干し芋)の原料になるニンジンイモを使って、「芋ようかん」を試作してみました。オーブンで焼けば焼き芋のような味、生クリームをかけるとモンブランのような味になり、なかなか美味しかったですが、まだまだ改良の余地がありそうです。




試運転で試作中の石窯に火を入れてみました。

試運転で試作中の石窯に火を入れてみました。先日来校された河原学園のウリ先生も、石窯に興味津々で「ピザを焼くならいつでも行くよ!」と言っていただきました。煙突を前から出す予定なのですが、どのような形になるのでしょうか。はやく熱々の石窯ピザを食べたいです。

愛宕柿(あたごがき)の干し柿を作りました。

3年生の作物・落葉果樹班が愛宕柿(あたごがき)の干し柿を作りました。近年の温暖化に伴う暖冬でカビが生えるのを防ぐため、硫黄燻蒸を行い、干し柿の表面を二酸化硫黄でコーティングしてやることで安全に、きれいな干し柿を作ることができます。※硫黄燻蒸は15分間で、1立方メートルに15gの硫黄を使用しています。




12月8日(土)吉田中学校の「吉中愛顔未来フェス」に向けてシュトーレンを作りました。

12月8日(土)吉田中学校の「吉中愛顔未来フェス」に向けてシュトーレンを作りました。限定30個ほどですが、ぜいたくな材料をふんだんに使っています。一個500円と高価ですが、お値打ち価格です。見つけたら是非買ってみてください。
シュトーレンは、クリスマスが来るまで毎日少しずつ、薄くスライスして食べ、味の変化を楽しめるドイツの伝統的なお菓子です。とても甘いので一度には食べられませんのでご注意ください。
※ドライフルーツ、シナモン、アーモンドパウダー、ラム酒などが入っています。












ジョロウグモを発見しました。

立間分教場カンキツ園でジョロウグモを発見しました。クモの糸は強靭で、時速30kmのミツバチが飛んできても破れることなくキャッチしてしまいます。この衝撃吸収能力は、クモの糸で仮にえんぴつくらいの太さのネットを張ると、時速800kmで飛んでくるジャンボジェット機をキャッチできてしまうほどだそうです。
ジョロウグモは縄張り意識が強く、クモ糸の量産は難しいと考えられていましたが、カイコなどに遺伝子を組み込むことでスパイダ―シルクなどの量産の道筋が見えているそうです。バイオベンチャーの「スパイバー」や熊本県が推進している新シルク蚕業などが有名ですね。
西予市野村町もシルクの町として有名です。養蚕が盛んだった時代には、伊予糸やカメリアという名で世界中で高品質の絹糸が売れたそうです。カイコの繭を熱湯に通す従来の製法とは異なり、冷蔵して蛹を処理してから糸をつむぐことで他に類を見ない高品質の絹糸だったそうです。ゲノム編集などの新技術を取り入れながらカイコの時代がじわじわと再来するかもしれませんね!

立間分教場のモノレールのレールの交換を行いました。

立間分教場のモノレールのレールの交換を行いました。モノレールのレールを現地の地形に合わせて曲げていきます。油圧ジャッキの加減がとても難しいのですが、上手く設置することができました。
土砂で埋まっていた水路も、業者の方がきれいに復旧してくれました。12月中にかん水用の井戸を設置する予定です。




ロールケーキの作り方を学びました。

3年生の食品製造の実習で、ロールケーキの作り方を教わりました。ものづくりマイスター制度により外部講師に、河原パティシエ・医療・観光専門学校のエンゲルハート杉沢多美子先生とエンゲルハート・ハインツ・ウルリヒ先生に本場ドイツの製菓製パンマイスターの技術を目にすることができました。
お菓子作りの大切な基礎の部分を丁寧に教えていただき、とっても楽しく、ふんわり美味しいロールケーキを作ることができました。次回の講習会が待ち遠しいです。






平成30年度 南予地区 高校サッカー新人大会 

サッカー部です。新人戦の対戦相手がきまりました!

夏の選手権大会同様に、一回戦は野村高校です。

昨年は復活一年目ということもあり、9人で挑んだ新人大会ですが

今年度は新入部員を加え、パワーアップして今大会に臨みます!

応援よろしくお願いします。

 

一回戦

日時:12月16日(日) 13時30分キックオフ

場所:宇和島丸山多目的グラウンド

対戦校:野村高校

期末考査開始

今日から期末考査が始まりました。
中間考査の結果も踏まえ、目標を高くもち勉強頑張っています。