桜が丘通信

学園祭バザー事前衛生指導が実施されました。

学園祭バザー事前衛生指導が実施され、八幡浜保健所の武田先生に大事なポイントを教えていただきました。小まめな手洗いの励行や、直接食品に手で触れないなど食品事故を防ぐための大切なポイントをわかりやすく教えていただきました。「菌をつけない!増やさない!やっつける!」の三原則を忘れずに、衛生的で楽しい学園祭にしていきたいです。
 

 

 

チャリティーフリーマーケット

生徒会では、10月28日(日)の創立110周年記念学園祭において、チャリティーフリーマーケットを開催します。売上金については、平成30年度7月豪雨災害の義援金として、西予市役所の義援金受付まで届けたいと考えています。何卒、趣旨を御理解の上、御協力お願いいたします。

募集期間  平成30年10月27日(土)まで

受  付  本校生徒会役員及び本校事務室

開催場所  百桜館

※原則的には未使用の物の寄付をお願いしたいのですが、十分使える状態の物であればその限りではありません。

卒業アルバム

 

3年生の卒業アルバム撮影が行われました。
撮影場所は校舎の屋上。普段屋上にあがることは無いのでテンションが上がっていました。

アサギマダラのマーキングが進んでいます。

宇和高校の農場花壇と西予市中川地区のフジバカマ園でアサギマダラのマーキングが進んでいます。宇和高校ではuwaHS、中川地区ではuwaNAKのマークと記入月日、通し番号、記入者のイニシャルを記入しました。現在、宇和高校で24個体、中川地区で8個体へのマーキングを行いました。
 





科目説明会

1年生普通科を対象に科目説明会を行いました。
来年度の類型や科目選択について、各教科の先生から説明をしていただきました。
入学して半年ですが、進路について深く考えなければならない時期がやってきました。
後悔の無い進路選択ができるようにしっかり考えましょう。

秋苗の販売がスタートしました。

秋の花苗(パンジー・ビオラ・ハボタン)鉢物(シクラメン)の販売がスタートしました。草花専攻班の実習生たちが、コンディションの良い花苗が提供できるよう頑張っています。
 

 

 

農場でサツマニシキを発見しました。

農場でサツマニシキという蛾を発見しました。青緑色の光沢があり、とてもきれいです。蛾というと日本では地味な色のものを多く見かけますが、世界的には蝶よりも蛾のほうが美しい羽根を持つものが多いそうです。コチョウランの学名はファレノプシスですが、この語源も「蛾」という意味です。
 

アサギマダラの飛来がピークを迎えています。


農場の花壇に植えたフジバカマやヒヨドリバナ(キク科)の開花にともない、アサギマダラの飛来がピークを迎えています。午前10時に3羽の飛来を確認しましたが、午後3時には7羽のアサギマダラがフジバカマの周辺で確認できました。さらに、アカタテハやイシガキチョウ(?)も確認できました。この土日の2日間で11羽のマーキングを行いました。(10/13or10/14 uwaHS N.1~N.11)と記入しています。捕獲された場合は、ご連絡をお願いいたします。
 

 

 

 

デートDVについて学ぶ

6限目に男女共同参画センター 松田先生にお越しいただき、デートDVについて学びました。
デートDVという言葉を知らない生徒も多くおり、尊重しあう生き方について考えることができる時間となりました。

立間分教場の防風林の剪定を行いました。

2年生の総合実習で、常緑果樹班が防風林の剪定を行いました。立間分教場の防風林はスギとマキです。先日の台風の風も防いでくれました。温州ミカンは極早生で糖度が12以上あり、とても甘く、適度な酸味もあって美味しいです!
学園祭では、早生温州を販売しますが今年は隔年結果で数量は少なめです。
ミカンの皮が菊の花のようにモコモコしているものは、とても甘いです。興津早生の一株だけ変わり枝なのか毎年とても甘い実をつける樹があります。接ぎ木で苗を増やしてみようと思います。
 

 

 


紅白餅の試作を行いました。

110周年記念式で来賓の方々に配布する予定の紅白餅(今回は紅のみ)の試作を行いました。大きすぎず、小さすぎずちょうど良い大きさの餅ができました。紅白餅の紅は、きれいな桜色になるように試行錯誤しました。「桜歌百重奏」のスローガンにぴったりの紅白餅を作りたいです。なお、饅頭用の焼き印はお餅には不向きのようです。
 

 

 

 

研究授業

昨日、2人の先生の研究授業が行われました。
いつもと違う雰囲気に、いつも以上に張り切って授業を受けていました。

 

 

レーズンパン、ソーセージパン、ちくわパン、チーズパンの作り方を学びました。

生物工学科の2年生の食品製造選択生が実習でレーズンパンなどの作り方をパンマイスターの佐田先生から教えていただきました。愛媛県職業能力開発協会の「ものづくりマイスター制度」により、プロフェッショナルな職人の先生を招いて学ぶことができています。
長年の経験の中で得られた貴重な技術を、たくさん教えていただくことができ、驚きと感動の連続です!










フジバカマとヒヨドリバナの花壇にアサギマダラが2羽(頭)飛来しました。

生物工学科のフジバカマとヒヨドリバナの花壇に、今日も「アサギマダラ」が吸蜜に飛来しました。
とても美しい姿ですが体の水玉模様は、外敵に対して自分が毒を有していることをアピールしています。
幼虫の食草は、ガガイモ科の有毒植物で、幼虫も成虫も体内に食草由来のアルカロイド系毒物質を持つことで身を守っているそうです。巧みな戦略ですね!
 

 




 

フォトジェニックなタルト

22Rがフードデザインの授業で作ったタルトが、職員室に届けられました。

ピンクのスプレーが載っており、フォトジェニックで可愛らしい仕上がりとなっています。

ついに農場のフジバカマにアサギマダラが飛来しました!

農場の花壇に植えたフジバカマやヒヨドリバナ(キク科)の開花が始まりました。この花は、西予市中川地区の「アサギマダラがやってくる町作り運動」に協力するため栽培したものです。
日中には花の蜜に花アブや蝶、蛾など様々な昆虫が集まりました。また、フジバカマを食草とするアサギマダラ(あさぎ色:うすい青みを帯びた蝶)の飛来も確認できました。この蝶は南へ移動を続け、西南諸島や台湾で越冬すると言われます。カメラを向けると、あっという間に空高く飛び去っていきました。生命の神秘を感じずにはいられません!
ヒョウ紋の蝶、ツマグロヒョウモンも飛来しています。
ヒヨドリバナの花の香りはとてもやさしい甘い香りで、農場一帯が良い香りで包まれています。今まで見たこともないような珍しい蝶も飛来しています。
 

 

 

  

 

遠足1年生

1年生は大野ヶ原に遠足に行きました。
雨の中の遠足になってしまいましたが、いい思い出を作ることができました。

 

 

修学旅行4日目その4

17:05、修学旅行班は松山空港に到着しました。心配されていた天候も回復し、帰りの飛行機では、行きとは違った景色を味わうことができました。

修学旅行4日目その3

11:00、最後の目的地であるお台場にやって来ました。生徒たちは各自で昼食を取った後、最後の思い出作りに励んでいました。

修学旅行4日目その2

8:00、東京スカイツリーに行きました。

あいにくの曇り空で小雨も降っていましたが、東京の景色を一望するこちらできました。

修学旅行3日目その3

ディズニーランドでは、友達と協力しながら行動している生徒たちの姿を多く目にしました。

日が落ちると、華やかなパレードやショーが繰り広げられていました。

楽しい思い出と共に、友情がより一層深まったことでしょう。

修学旅行3日目その2

12:00、これからディズニーランドかディズニーシーに向かいます。

アトラクションやパレードなど見所が多く、それぞれが期待に目を輝かせていました。

 

修学旅行3日目その1

今日は希望別に分かれて美術館とディズニーリゾートに行っています。

8:30、美術館希望者は、三鷹の森ジブリ美術館や横浜カップヌードルミュージアムに出発しました。

カップヌードルミュージアムでは、「世界にひとつ自分だけのカップヌードル」の製造を体験しました。

修学旅行2日目その5

21:30、劇団四季「アラジン」の観劇が終了しました。

美しい歌声と迫力満点のダンス、豪華な舞台装置に終始感動を抑えきれませんでした。

ホテルには22:00前と遅い到着になりますが、体調に留意して、明日も楽しみたいと思います。

秋の花苗の準備が始まりました。

2018年10月1日(月曜日)
パンジー・ビオラの順化作業が始まりました。
生物工学科2年生の科目「植物バイテク」選択生が、パンジー・ビオラを花苗栽培ハウスから順化圃場に移動させました。移動した苗は路地で栽培し、屋外環境に慣らした後、学園祭や地域イベントで販売します。

修学旅行2日目その3

9:00、自主研修に向けて出発しました。まずは東京駅で乗り継ぎ、それぞれが目的地に向かいます。初めて自動改札機を通過する生徒もおり、少し緊張した面持ちでした。

修学旅行2日目その2

7:30、ホテルで朝食を食べました。今日は班別自主研修とミュージカル鑑賞を予定しています。全員元気に東京都内に向けて出発していきました。

修学旅行その5

盛りだくさんの1日目、今日の行程を終え、ホテルに到着しました。班長会を行い、ホテルでのマナーについて確認しまじた。

 

農林参観デーの視察に行ってきました。

生物工学科3年生21名が先進的な研究成果を学ぶために、農林水産研究所と同果樹研究センターに行きました。

果樹・作物の新品種についてや防除方法など、幅広い研究を目の当たりにして、「この品種を育ててみたい」といった発言もあり、興味が深まっていたようです。今後も、こういった新しい知識に触れる機会に参加して、知識を深めていきたいと思います。

修学旅行その4

18:00、夕食会場のアクアシティお台場「THE OVEN」に来ました。

夜景を眺めながら談笑し、楽しい時間を過ごすことができました。

修学旅行その3

15:00、八景島シーパラダイスに行きました。迫力のあるイルカショーや、珍しい海の動物たちの展示に感動しました。

修学旅行その2

12:00、横浜中華街の「招福門」で、飲茶セットを食べています。

これから中華街や山下公園を散策します。

誕生日

昼休みにサプライズで担任の誕生日祝いをしているクラスがありました。
他のクラスの生徒も交じってお祝いをしていました

 

 

1年生普通科がなにやら・・・

1年2組と3組のメンバーで合同ホームルーム活動が行われました。
何をしているのでしょうか。どうやら学園祭について考えているようです。
どのようなものが出来上がるかは、10月28日の学園祭をお楽しみに。

総合学習

先週の総合学習の様子です。

1年生は就業体験について。2年生は分野に分かれての学習。3年生は進路学習を行いました。

台風への対応について

9月29日(土)補習・部活動等で登校する際は、十分安全に留意してください。

ただし、特別警報・暴風警報が発令された場合は自宅で待機してください。なお、避難指示や勧告が出ている場合においては、該当する生徒は、安全に留意した行動を取ってください。交通機関等が不通の場合は無理をして登校する必要はありません。個々の状況において身の危険が予想される場合は、安全を第一に考えて行動してください。

笠置峠古墳歩き

9/27(木)、2年生の総合学習環境学習(ジオパーク)班は、西予市役所総務企画部まちづくり推進課の方々の御協力の下、岩木にある笠置峠古墳に行ってきました。

昔は宇和と八幡浜を結ぶ交通の要所であった笠置峠。

ガイドさんの説明を聞きながら山登りと古墳歩きをすることで、宇和に伝わる歴史や文化について理解を深めることができました。

また、古代の服装をお借りして、当時の祭事の模擬体験もさせていただきました。楽しみながら学ぶことができていたようです。

 

 

甘酒の試作を開始しました。

2018年9月25日(火)、甘酒の試作を開始しました。
生物工学科3年生の科目「課題研究」で、校内で収穫した「あきたこまち」を原料に、甘酒の開発をスタートさせました。この甘酒の製造は、地元の米生産グループから依頼されたプロジェクトで、今後地域特産品として発展させることを目標に取り組みます。
 

 

 

化学を探究

32R理科探究の授業で実験を行いました。
今日は、その結果の考察を行いました。分からないことは自分たちで調べまとめています。

「チョコ・クリームプルンダ―」、「パンドミー(食パン)」、「あんパン・クリームパン」、「米粉クッキー」の製造方法を学びました。

9月19日、食品製造の実習で、「チョコ・クリームプルンダ―」、「パンドミー(食パン)」、「クリームパン」の製造方法を佐田先生から学びました。佐田先生が作るカスタードクリームの味は絶品です。米粉クッキーは宇和高産米粉を9割以上使って美味しいクッキーを作ることができました。生地の仕込みから大量のパンを能率よく製造するノウハウを学びました。今回は西予市CATVさんが取材に来られ、放送が楽しみです。
 

 

 

 

 
 

立間分教場カンキツ園の中晩柑類を対象にして、「愛媛県GAP認証」の申請を行いました。

宇和高校の立間分教場では、「愛媛県GAP認証(農薬・化学肥料3割削減)」を目標にして常緑果樹班が研究活動を行っています。豪雨災害で一時ストップしていた愛媛県GAP認証の申請手続きに向けて再スタートを切りました。愛媛県農林水産部、農産園芸課の稲荷先生に園地を視察していただき、御助言と激励をいただきました。
 

 

極早生温州の選果を行いました。

2年生の常緑果樹班が、極早生温州(品種:N1)の選果を行いました。糖度が9.5あり、甘さと酸味のバランスが良い仕上がりになっています。愛媛県GAP認証の取得を目標に、異物混入を防ぐ対策を行い、青果物を素手で触らないよう徹底して作業しました。
 

 

 

選挙!

西予市選挙管理委員会の方にお越しいただき「選挙啓発出前講座」を実施しました。
また、講演後に「生徒会役員選挙立会演説・投票」が行われました。
主権者として選挙について考える一日となりました。

 

 

受験生がんばってます

3年生にとっての一大イベントの体育祭も終わり、遅くまで三年生が勉強をしている姿が見られます。
これから今まで以上に忙しい毎日になります。がんばれ受験生!!

愛媛県高等学校陸上競技新人大会

去る9月15日(土)~17日(月)の三日間、陸上競技の県新人大会が行われました。

1、2年生だけによる初めての大会でした。

今回の新人大会は予選が中止となり、県大会からの開始となりました。

予選の数も多く、待ち時間がいつもより長かったですが、生徒たちは自分の力を精一杯発揮して自己ベストを更新すべく挑戦しました。

秋の花苗が順調に育っています。

草花部門では、学園祭や宇和町文化祭など地域イベントで販売する花苗の準備に汗を流しています。成長したハボタン苗を大きいサイズの鉢に植え替える「鉢替え作業」や、1番花が咲き始めたパンジー・ビオラの管理作業を行いました。地域の方々に喜んで育てていただける、質の良い花苗作りに取り組みます。
 

 

 

 

 

体育祭5

体育祭特集最後は3年生のガイヤです。担任も参加して体育祭を締めくくりました。

 

 

SDGsの講演がありました

2018年9月13日(木曜日)

SDGs講習会を行いました。

愛媛大学の小林先生のご指導で、南予地域の持続的な発展を考える学習会を行いました。生物工学科2年生19名が、「総合的な学習」を利用し西日本豪雨災害をSDGs視点で考えました。この内容は12月と1月の学習会に引き継ぎ、南予地域の魅力や課題について理解を深めます。

 

就職希望者激励会

まもなく就職試験の解禁日です。

宇和高の3年生の就職希望者たちの決戦の日です。

校長先生はじめ、就職担当者や学年主任から激励されました。

試験に向けての面接練習を数多く経験した生徒たちの顔つきはもはや2週間前の表情とはまるで違います。

試験当日に全力が出せるよう祈っていますl

 

体育祭4

2年生は、自分たちで話を考え、道具を用意して劇をします。
今年度も大いに盛り上がりました

収量調査をしました

本校で栽培しているあきたこまちの収量調査をしました。

肥料による収量の違いを調べます。画期的な機械に興味津々でした。

どのような結果が出るか、楽しみです。

体育祭3

体育祭で行われた応援合戦の様子です。
本校は午前と午後の2回応援合戦が行われます。

 

 

体育祭が行われました2

 

体育祭の写真です。皆、青春まっただなかです。

雨に負けず、みんな頑張りました。たくさんの思い出を作りました。

 

 

 

体育祭が行われました

雨が降ったりやんだりの天候の中、体育祭が行われました。

結果

総合優勝 青ブロック
競技1位 赤ブロック
応援1位 青ブロック
装飾1位 黄ブロック
民謡1位 青ブロック
仮装1位 22R

競技の様子です。(体育祭の様子は数日に分けて公開予定です)

 

 

 

 

 

 

体育祭準備

本日体育祭準備を行いました。
明日の天候が気になりますが、雨が降らないことを祈るばかりです。

総練習

本日、体育祭の総練習(予行)が行われました。
係の仕事や競技、演技などやることが多いですが、全体的な動きを把握できました。
本番は、雨が心配ですが9月8日(土)8:40~開会式 予定です。

ガイヤ練習

3年生がガイヤの練習をしています。担任の姿も見られます。
各団工夫を凝らしたダンスをしますので御期待ください。

9月4日(火)の台風への対応について

 9月4日(火)の午前中は、自宅待機としてください。正午までに暴風警報(及び特別警報)が解除されていない場合は、臨時休校とします。

 正午までに解除された場合は、安全に留意して登校してください。なお、このとき、避難指示や勧告が出ている場合においては、該当する生徒は、安全に留意した行動を取ってください。また、交通機関等が不通の場合は無理をして登校する必要はありません。個々の状況において身の危険が予想される場合は、安全を第一に考えて行動してください。

第2教棟でオナガバチの仲間を発見しました。

第2教棟の廊下でオナガバチという寄生バチの一種を見つけました。スギの木を食害する虫に長い産卵管で卵を産みつけスギの木を守ってくれます。重量鉄骨造の住みかを持つムササビの「とびまる君」も巣の中にはスギの樹皮を運び込み細かい繊維状にほぐして快適な住空間を作っています。つまり、「とびまる君」もオナガバチの恩恵を受けているのです。ひょっこり「とびまる君」の顔が見えているのですが分かりますか?
 

 

 

放送準備

本日から体育祭練習が本格的に始まります。
昨日の放課後、放送を担当する放送部が準備をしていました。

 

稲刈り続編!

稲刈り2日目です。実際にコンバインを運転しながら、実習を行いました。

コンバインでは刈り取りできない四隅は手刈りをして、脱穀します。

無事、稲刈りが終わりました。

ピザ窯が徐々に形を見せはじめました。

2学期が始まり、3年生の課題研究が再び動き始めました。ピザ窯制作をテーマに活動している部門では、徐々に形が見えてきました。10月の学園祭や11月の収穫感謝祭に間に合うでしょうか?楽しみです。
 

 

 

農場でタマムシを発見しました!

農場でタマムシを発見しました。キラキラしていてとてもきれいです。この輝きは構造色によるものでCDやDVDの記録面がキラキラしているのと同じ仕組みだそうです。生物や昆虫の構造や機能は今、最新のテクノロジー分野でも注目されています。バイオミメティクス(バイオミミクリー・生物模倣技術)の応用例として、500系新幹線のノーズは、カワセミのくちばしを模倣したことでトンネル進入時の衝撃波を軽減して騒音や空気抵抗を低減させることに成功しています。これからも発展しそうな分野ですね。
 

 

マレーシア代表によるバドミントン教室

8/24(金)、バドミントン部は、県総合運動公園体育館にて、マレーシア代表によるバドミントン教室に参加しました。

世界トップクラスの選手の試合を間近に観戦したり、リオオリンピック出場経験もある選手たちから直々にノック練習等をしていただいたりと、貴重な経験をすることができました。

 

宇和高校の稲刈りが始まりました。

2学期がスタートし、生物工学科の農場でも稲刈りが始まりました。脱穀した藁は結束して、乾燥させ農業資材として利用します。一時的な藁保管の手法として「わらぐろ」作りにも挑戦します。
今回は黄金色に波わたる稲穂をドローンで空撮しました。今までにない視点で農場をとらえることができ、新しい可能性を感じました。
 

 

 

 

 

 

 

今日から2学期

表彰伝達、2学期始業式、身だしなみ指導が行われました。
2週間後には体育祭があり、あわただしい毎日ですが、夏休み気分から気持ちを切り替えて生活していきましょう。

 

PARTIDO A PARTIDO

   全国高校選手権大会南予地区予選(サッカー)2日目、代表決定戦の第3試合でした。丸山公園多目的グラウンドにおいて、宇和高校サッカー部は大洲高校サッカー部と対戦しました。前半0-2、後半0-2でしたが、本日も粘り強く闘いました。昨年は9名でしたが、今年はその倍の人数で闘いました。新しく作っていただいた応援旗には、「partido a partido」の文字が輝いています。スペイン語で「一試合、一試合(頑張っていく)」という意味です。今年の選手権では、サッカー部が復活してからの公式戦最初の1勝を勝ち取りました。これから、一試合、一試合強くなります。

全国高校選手権大会南予地区予選(サッカー)1日目

全国高校選手権大会南予地区予選(サッカー)1日目11:30、丸山公園多目的グラウンドにおいて、宇和高校サッカー部は野村高校と対戦しました。前半1点を入れリードしていましたが、後半逆転されました。最後まで粘り強く闘い、後半終了間際、値千金の同点ゴールを決めました。延長後、PKとなりましたが、GKが見事にとめ、5-4で勝利しました。明日も本日同様、粘り強く頑張ってほしいと思います。

本日、木曜午後以降の、台風に対する対応について

 8月23日(木)午後は台風による危険が予想されるため、部活動や体育祭練習のための登校を含めて、午後の登校は控えてください。。

 8月24日(金)については、特別警報・暴風警報が発令されている場合は自宅で待機してください。なお、避難指示や勧告が出ている場合においては、該当する生徒は、安全に留意した行動を取ってください。交通機関等が不通の場合は無理をして登校する必要はありません。個々の状況において身の危険が予想される場合は、安全を第一に考えて行動してください。

台風に対する対応について

8月23日(木)補習等で登校する際は、十分安全に留意してください。

ただし、特別警報・暴風警報が発令された場合は自宅で待機してください。なお、避難指示や勧告が出ている場合においては、該当する生徒は、安全に留意した行動を取ってください。交通機関等が不通の場合は無理をして登校する必要はありません。個々の状況において身の危険が予想される場合は、安全を第一に考えて行動してください。

清見、不知火(デコポン)、愛媛果試第28号(紅まどんな)、甘平の摘果を行いました。

清見、不知火(デコポン)、愛媛果試第28号(紅まどんな)、甘平の摘果を行いました。
ハウスの甘平は枝の誘引を行い、今年から収穫が始まります。
8月25日、26日は「愛媛みかん発祥の地 吉田町 みかんボランティア」がJAえひめ南の主催で実施されます。すでに定員の100名に達しており、いかに愛媛県宇和島市吉田町が多くの方々に応援されているかを感じます。
宇和高校常緑果樹班としても何らかの形で吉田町のカンキツ農家の方々の応援ができるよう模索していきます。
 

 

 

 

立間分教場カンキツ園の水道が仮復旧しました。

立間分教場カンキツ園は、7月豪雨によって水道管が破断し断水が続いていました。町内の上水道が復旧し、カンキツ園でも水道管をつなぎ直して断水が解消されました。川に接する道路が被害を受けているため、仮復旧になりますが、水が蛇口から出るありがたみを感じます。
 

 

 

 

体育祭準備開始

今日から夏季補習後半の開始です。

また、体育祭準備も開始しました。3年生があわただしく活動を開始しました。

ブドウがノってます。

先週からブドウを収穫し、ほとんどが売れてきています。

ゴルビーはこれから熟れてきますので、売っているのを見かけたら食べてみてください!

糖度もノってきてます!