桜が丘通信

吹奏楽コンクール

8月6日(月)松山市民会館で第66回全日本吹奏楽コンクール愛媛県大会が行われ、本校吹奏楽部が金賞に輝きました。今年で3年連続の金賞となります。たくさんの応援、ありがとうございました。

 

集団討論

3年生が集団討論の練習をしています。
休みに入って人数が少なめですが、進路実現に向けてみんなで頑張っています。

夏季鍛錬

8月2日・3日に夏季鍛錬学習が行われました。
1年から3年まで進学希望の生徒が集まり互いに刺激し合いながら勉強を行いました。

夏休みの実習風景です。

野菜班は作付け準備のためにビニールマルチ張りを行いました。作物・落葉果樹班ではブドウにかけていた紙袋をはずしたり、わき芽の除去を行いました。
 

 

 

 

3校合同学習会

8月1日(水)。野村高校、三瓶高校、宇和高校の3校による合同学習会が開かれました。
午前中は、3年生は高松予備校の先生による講義、2年生は進研模試対策。
卒業生によるパネルディスカッション。
午後からは愛媛大学の先生による模擬講義が行われました。

3校で切磋琢磨して進路実現を目指していきましょう。

 

生物工学科の農場でも中学生一日体験入学を実施しました。

生物工学科の体験コーナーでは、「乳酸飲料づくり」や「帽子パン、あんパン、カレーパン、ドーナツ、ゼリー製造」、「フラワーデザイン」や「トラクター運転体験・ドローン見学」などを実施しました。暑い中でしたが、みんな真剣に取り組んでくれました。楽しんでもらえたでしょうか。
 

 

 

 

 

 

 

中学生1日体験入学

7月27日(金)中学生1日体験入学を実施しました。
体験授業や部活動見学で、宇和高校について知ってもらえたと思います。
来年度、皆さんと学校生活を送れることを楽しみにしています。

お菓子講習会

先週の終業式の午後、学期末恒例お菓子講習会を実施し、「ロールケーキ」を作りました。
手間をかけた分、見た目も味も満足いくものが作れました。

 

立間分教場で復旧作業を行いました。

7月の豪雨により西日本各地が被災し、宇和島市吉田町は甚大な被害を受けています。立間分教場カンキツ園でも、2年生の総合実習で復旧作業を行いました。断水しており長時間の作業はできませんでしたが、力強い一歩を踏み出しました。地域の農家の方々からも御協力をいただき、本当にありがとうございます。
 

 

 

「米ゲル」のエクレアを試作しました。

夏休みに入り、「米ゲル」のエクレアを試作しました。
「米ゲル」を原料にして、「シュー生地」と「カスタードクリーム」を作り、吉田町産のブラッドオレンジのシロップ漬けを活用した全身コメのエクレアを試作しました。試食してみると、食感、味ともに普通のエクレアで、ブラッドオレンジの風味が感じられる美味しいものができました。さらに完成度を高められるように研究を続けていきたいです。
えひめスイーツコンテストに出たかったのですが、今回は修学旅行と重なっているため、桜が丘タイムの発表会でお披露目したいです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アミラーゼとプロテアーゼを生産する菌のスクリーニング結果が出ました。

アミラーゼ生産菌のスクリーニング培地に、土壌を希釈した液を画線して1週間ほど経った状態です。微生物のコロニーが形成されている培地に、うがい薬のイソジンをかけると、成分のヨードがヨウ素液と同じ働きをしてくれます。青紫色に染まったところはデンプンがまだ残っているところ。白いままの所はデンプンがアミラーゼによって分解されています。
プロテアーゼ生産菌用の培地は、スキムミルクで白く濁っていたものが、プロテアーゼによって分解され透明になっていることが確認できました。
微生物の生産する酵素は、さまざまな産業で幅広く活用されていますが、最も大きい需要は、洗濯用洗剤の「酵素」です。日本だけで、年間2000億円以上も使われているこの酵素は、冬場の4℃前後の水温から夏場の35℃前後の水温でも働く優れた性能を持っています。
「バイオテクノロジーの父」と呼ばれる高峰譲吉氏は、「タカジアスターゼ」という名で、コウジカビから抽出した「アミラーゼ」を世界で初めて微生物から作られた薬として販売しました。微生物に大きな可能性とロマンを感じます。
 

 

 

図書館学習

1学期の授業も本日で終了。1年生の国語の時間に図書館学習を行いました。
夏休みに向け、読みたい本を借りている生徒の姿も見られました。

実験

2年3組の最後の化学の授業で実験を行いました。
1学期に習った内容を実験で復習を行っていました。

野球応援ありがとうございました

 

14日、坊っちゃんスタジアムにて松山商業高校との試合が行われました。
全校生徒一丸となって応援しました。結果は0-15で負けてしまいましたが、
これから頑張っていきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします。                                                応援してくださった方々ありがとうございました。

高校野球

野球夏大会が明日14:00から坊ちゃんスタジアムで行われます。
対戦相手は松山商業高校です。
今日は最後の応援練習を行いました。みなさんも宇和高の応援よろしくお願いします。

シャーロット先生最後の登校日

ALTのシャーロット先生が母国に帰ることになり、本日が最後の登校日でした。
2年間宇和高校生を教えていただきありがとうございました。
職員室でお別れの挨拶がありました。

理科探究

3年2組の理科探究Bで、電子黒板を用いて化学実験の発表を行いました。
実験は、準備、考察、結果のまとめまでを生徒たちで行いました。
発表は、実験結果・考察のスライドと、タブレットでの実験写真・動画の2画面で行いました。

全校奉仕活動

9日に全校奉仕活動を行いました。
大雨災害の影響で予定を変更し、校外の道路清掃に加えて、校内の清掃活動も行いました。

 

7月9日(月)・10日(火)の時程について

7月9日(月)の時程についてお知らせします。

13:00 ~ 13:20  SHR
13:30 ~ 13:50  全校集会
14:00 ~ 14:30  奉仕活動
14:40 ~ 15:00  HR

 登校する際は、十分安全に留意してください。
9日(月)正午に特別警報・暴風警報が発令されている場合は自宅で待機してください。また、避難指示が出ている場合や交通機関等が不通の場合は無理をして登校する必要はありません。

     警報等以外で登校できない場合は、必ず学校に連絡をしてください。

 

7月10日(火)時程(午前中短縮45分授業)

 8:25 ~  8:35 SHR
 8:45 ~  8:55 清掃
 9:05 ~  9:50 火① 
10:00 ~ 10:45 火②
10:55 ~ 11:40 火③
11:50 ~ 12:35 火④

 

野球壮行会

野球夏大会の壮行会および全校応援練習が行われました。
試合は12日14:00~坊っちゃんスタジアムで松山商業高校と対戦予定です。

「桜が丘から夢に挑戦」認定式

「桜が丘から夢に挑戦」認定式が行われました。

 

宇和高校では、夢に挑戦する皆さんを応援するために、平成27年度よりこの企画を立ち上げました。

今年度は、審査の結果、22R 三好 凜花さんに決定しました。

「韓国留学をする。」という夢を胸に、実現に向けて一年間を通して企画に取り組んでいきます!

 

酵素を生産する微生物のスクリーニング(釣菌)を行いました。

桜が丘タイムで、アミラーゼ生産菌とプロテアーゼ生産菌のスクリーニング(釣菌)を行いました。畑の土をサンプルにして1gの土を10mlの水に混合し、10倍希釈、100倍希釈、1000倍希釈したものを白金耳で画線しました。1週間ほど静置して観察したいと思います。
 

 

 

 

 

 

温度センサを作ってみました。

1年生の「農業情報処理」で計測と制御について学習し、熱電対温度計を製作しました。2種類の金属の両端を結合させ、両端に温度差を与えると熱起電力が発生する原理(ゼーベック効果)を利用しています。とても簡単な方法で高精度の温度計を作ることができました。氷水に塩を入れると、すぐにマイナス7度くらいまで温度が下がりました。アイスクリームが作れそうです。
 

 

 

 

応援練習

吹奏楽と合同で野球応援練習を行いました。
試合まで一週間、応援する側も気合十分です。

冷凍した「みたらし団子」の冷凍耐性試験の結果が出ました。

3年生の「食品製造」の実習で、約1か月ほど前に冷凍した団子を解凍して状態変化を調べました。トレハロースを添加しなかった対照区では、団子の水分が失われボソボソした食感になっていましたが、トレハロースを添加した試験区(10%、20%、40%)では、すべてモチモチの柔らかさを保っていました。また、トレハロースを加えすぎると甘さが控えめになってしまうことも分かりました。(みたらしのタレでカバーできそうです。)
 

 

体育祭ブロック団結式

体育祭のブロック団結式が行われました。今年は110周年記念体育祭となります。
熱い戦いが今から楽しみです。

黄:3年1組 2年2組 1年1組
赤:3年2組 2年3組 1年2組
青:3年3組 2年1組 1年3組

 

校内研修(情報)

本校教諭の本田知仁先生に、校内研修としてホームページの更新の仕方と情報セキュリティについての講義を行っていただきました。

「ブラッドオレンジうどん」を試作しました。

3年生の課題研究で「ブラッドオレンジうどん」を試作しました。ブラッドオレンジペーストを5%、10%、15%加えて試作してみました。試食してみた結果いずれも麺のコシはあり、ペーストを15%加えたものがブラッドオレンジの風味と色があって面白かったです。課題研究で様々なものを加工品に混ぜて試してみたいです。
 

 

 

フジバカマとアゼオトギリを提供しました。

生物工学科で栽培した、フジバカマとアゼオトギリを西予市中川地区の花作り活動に提供しました。アゼオトギリは自生しているものを増殖したため無料での提供となりました。生物工学科の特性を活かし、アサギマダラが集まる町作りに貢献したいと思います。
 

 

 

図書館にサッカーコーナー

図書館にワールドカップコーナーができています。
選手にかかわる本だけでなく、優勝予想、フォーメーション予想もできるようになっています。
まだ見ていない人は図書館に足を運んでみましょう。

土佐文旦の荒摘果を行いました。

3年生の常緑果樹選択生が、土佐文旦の荒摘果を行いました。6月になり生理落花(果)により、5月に咲いていた95%の花は自然に落下します。樹に残った5%の果実を大切に育てます。
 

 

西予市民病院の花壇作りを行いました。

生物工学科3年生草花班と2年生の科目「草花」選択生が、西予市民病院2階にある三つの花壇の花植えを行いました。
前日にパンジーを撤去し花壇の整備を行い、2日目にポーチュラカを定植しました。実習終了後、お礼にジュースを頂きました。
 

 

 

 

蒸し饅頭、焼き饅頭、ようかんの作り方を学びました。

3年生の「食品製造」の実習で、和菓子職人の林先生から蒸し饅頭、焼き饅頭、ようかんの作り方を学びました。白あんに、宇和高産の「清見ジュース」を加えて「オリジナル清見ようかん」が誕生しました。ブルーベリーや色々なフルーツで試してみたいです。林先生から、30kg入りの「砂糖の袋」を持たせていただきました。お菓子作りの仕事をすれば、毎日のように、これを持ち上げることになるそうです。体力のいる仕事です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャガイモの初採りを行いました。

生物工学科の3年生がジャガイモの初収穫を行いました。メークインが順調に成長していました。新ジャガですが、なんと宇和高校では、1kg150円で販売しているのです。とってもお買い得なので、リヤカー販売を街の中で見掛けたら、是非お声掛けください。
 

 

 

 

部活動も

1時間程度活動を行っている部もあります。
テスト期間中なので少しの時間ですが、時間を有効に使って練習しています。

 

「食塩濃度20%以上では、ほとんどの微生物は増殖できない」のか実験しました。その結果・・・。

3年前に、現在の生物工学科の3年生が1年生のころ、ダイコンの切片を塩漬け(食塩濃度0%、5%、10%、15%、20%)にして実験を開始しました。常温で3年間放置した結果、目視で20%の食塩水に付けた切片のみ無事でした。
浸透圧が高く、水分活性(AW)が0,8以下に保たれていることで微生物の増殖が抑えられています。
「梅干し作り」の食塩の分量を「食品製造」の教科書で調べると、やはり20%になっていました。(最近は減塩のものが主流ですが)江戸時代の梅干しが腐らずに残っているのも納得です。
 

 
<3年前>
 

<およそ3年後>
 

テスト始まります

来週水曜日から期末考査です。
放課後の教室をのぞくと、先生に教えてもらう姿、友達同士で教え合う姿、集中して勉強する姿
いろいろな姿が見られます。

ネジバナがたくさん生えているのを見つけました。

図書館横のクスノキは、大きくて立派です。今ある校舎が建てられるとき、クスノキの枝をよけて建てられたというエピソードがあります。その経緯は知りませんが、なんだか「粋」だなと感じます。その中庭にネジバナがたくさん生えていました。これから1週間ほどで開花しそうです。一株はどうしても移動させる必要があったので、ポットに引っ越しさせました。立派な球根です。
 

 

 

「梅しごと」に挑戦してみようと思います。

運動場近くの梅の木に、たくさん実がついていたので、「梅しごと」に挑戦してみました。普通科、生物工学科の1、2年生に収穫を手伝ってもらいました。梅の実にはアミグダリンというシアン化合物が含まれているので、へたを取ってよく洗った後、水に一晩浸漬してから塩漬けします。どんな風に仕上がるのでしょうか。
 

 

 

中晩カンキツ類に夏肥を施肥しました。

2年生の常緑果樹班が、中晩柑類に夏肥を施肥しました。JAさんの有機質肥料は良質で、有機率が高いので環境にも優しい設計になっています。愛媛県GAP認証では、化学肥料由来のチッソ成分を、愛媛県栽培基準(国のガイドラインに準拠)よりも3割以上削減する必要があるのですが、JAえひめ南さんの栽培指針はすでにこれを達成しているのです。「愛媛産には愛がある」
 

 

 

ブルーベリーの収穫を行いました。

3年生の作物・落葉果樹班がブルーベリーの収穫と選果、袋詰めを行いました。校内販売ですぐに売り切れる人気です。
粒の大きいブルーベリーは、抗酸化物質のアントシアニンが豊富で、美味しくてさらに健康にも良い機能性成分を含んでいます。そのまま食べても良し、ジャムなどにしてもなお良しです。

応援練習はじめました

第100回全国高等学校野球選手権記念大会愛媛大会まで約1か月となりました。
そして本校でも放課後の応援練習がはじまりました。
3年生の応援リーダーの大きな声が響いています。

ブドウがいかに手間暇をかけて育てられているかが分かります。

ブドウを摘粒せずに、そのまま育てるとこのような感じになります。スーパーで売っている大粒のブドウは、一粒ずつ摘粒を行い、一房の果粒を調整することで大きくて甘い実になります。ちなみに、「ネヘレスコール」という品種は、シリア原産で紀元前から栽培が続いており、ブドウ品種の中で最大果房の一つです。果房は50cmから1mもあり、房重は最大10kgという記録があります。育ててみたいですね。
 

農場の様子です。ピザ窯作りも順調に進んでおります。

ピザ窯に雨よけの屋根を設置するためにパイプを設置しました。パイプカッターは、あっという間に鉄パイプを人力で切断することができるので驚きです。切り口もとてもきれいなので、すぐに工作に利用できるのも利点です!
「ボブキャット」という小さなブルドーザーのような作業機も、土作りなどに大活躍しています。
柿の木(愛宕柿)の樹の周りでは、コンニャクが順調に成長しています。
 

 

 

 

 

 

宇和高産の米粉を使って「ういろう」の作り方を教わりました。

3年生の食品製造の実習で「ういろう」の作り方を和菓子職人の林先生から教わりました。イチゴやカブ、カボチャなどに見立てた「ういろう」を作ることができました。来週は、「蒸し饅頭」と「焼き饅頭」、「ようかん」の作り方を教わります。その次は「きんつば」と「上生菓子」です。昨年、宇和高校の校章の焼き印を地元の和菓子屋さんから譲り受けていたので、試しに使ってみました。110周年記念らしい加工品が出来そうな予感がします。
 

 

 

 

 

 

農業クラブの四国代議員会に参加しました。

平成30年度日本学校農業クラブ四国連盟代議員会が徳島県立城西高等学校で開催され、本校の農業クラブ会長が参加しました。城西高校は、「阿波藍」による藍染めの伝統を守る活動に取り組んでおり、6次産業に取り組む校内直売所や2020東京オリンピックのJAPAN BLUEでも有名になった藍染めを見学することができました。
 

 

 

 

 

 

創立110周年記念第12回桜が丘コンサート

6月17日(日)に西予市宇和文化会館で創立110周年記念第12回桜が丘コンサートが行われます。

開場時間は16:00、開演時間は17:00です。内容は、吹奏楽部・箏曲部の演奏はもちろん、吹奏楽部OBとゲストとの特別ステージや放送部によるステージ発表、美術部による作品展、日本文化部による花展・呈茶も予定しております。
心を込めてパフォーマンスいたしますので、みなさまぜひお越しください!!

 

全校集会

全校集会で表彰伝達と本日で実習が終了する教育実習生挨拶がありました。
集会後には教育実習生と写真を撮りました。

 

 

進路説明会

本日進路説明会が行われました。
前半は、進路ミュージカルや進学講話、
後半は、専門学校・大学等の説明会や就職講話・マナー講習が行いました。

桜が丘コンサートは今週末です。

桜が丘コンサートが近づいてきました。
校内でなにやら練習している風景が多く見られます。
いったい何なのか気になる人は、、、17日日曜日西予市宇和文化会館まで!
16:00開場、17:00開演です!

マフィンやスコーン、ピザの作り方を教わりました。

2年生の食品製造の実習で、パン作りマイスターの佐田さんに、マフィンやスコーン、ピザの作り方を教わりました。
今回は、発酵を伴わないものを学びました。生地の調整方法やスコーンの形成など要所、要所でポイントになる技術を学ぶことができました。3種類の加工品を2時間の授業の中で作り上げる段取りは、まさに圧巻でした!これから計10回のパン製造の講習を受ける予定ですが、今から気合が入ります。
 

 

 

 

 

 

清見と河内晩柑の果汁を使って、中和滴定を行いました。

生物工学科2年生「植物バイオテクノロジー」選択生が、清見タンゴールと河内晩柑に含まれるクエン酸量を中和滴定により定量しました。実験の結果、清見タンゴールの果汁1ml中に9.6mg、河内晩柑の果汁1ml中に10.9mgのクエン酸が含まれることを確認しました。
 

 

 

金曜日はホームルーム活動

金曜日6時間目には生徒が主体となってホームルーム活動が行われます。
1年生普通科では、交通ルールの確認と標語づくり、高校生の携帯電話所持の是非についてのディベートなどを行いました。

接ぎ木の実習を行いました。

2年生の常緑果樹選択生が、カンキツの接ぎ木の実習を行いました。刃物を扱う作業でしたが、しっかり心の準備をして、今年卒業した先輩方の残してくれた接ぎ木のマニュアルを活用して、安全に清家ネーブルの穂木を「高接ぎ」することができました。
 

 

 

 

生物工学科の2年生が、みかん研究所に見学に行きました。

生物工学科の2年生が「桜が丘タイム」の時間に、みかん研究所に見学に行きました。みかん研究所育種栽培室の室長の藤原先生に、愛媛県のカンキツ栽培の歴史やみかん研究所の役割について、わかりやすく教えていただきました。ありがとうございました。
 

 

 

篠笛

1年生の音楽の授業で篠笛のテストが行われました。
慣れるまでは音を出すのも難しい篠笛ですが、どうにか練習成果を出すことができました。

立間分教場の園地説明を行いました。

1年生の総合実習は4つの専攻班をローテーションするのですが。1回目のローテーションが終了しました。立間分教場は、海抜20mほどの位置にあり、温暖でカンキツ栽培に適しています。宇和島市吉田町「立間」は、愛媛県で初めて温州ミカンの栽培が始まったという歴史があります。1794年頃(寛政6年)加賀山平次郎氏が温州ミカンの苗木を導入したのがはじまりと言われています。そんな特別な地「立間」に圃場があることはとても誇らしいことです。
 

 

 

米ゲルを使った加工品の試作を行いました。

2年生の「食品製造」の実習で、米ゲルを使った加工品の試作を行いました。今回はシュークリーム、お好み焼き、マヨネーズを米ゲルで試作しました。米ゲルの特性を考えながら生地を作ったことでシュークリームをうまく作ることができました。お好み焼きの試作では、どちらかというと「もんじゃ焼き」のようになりましたがとても美味しく、さらに改善の余地があると感じました。米ゲルは加水量で自由自在に粘度を変えられるので様々な加工品に応用できそうです。