桜が丘通信

四国に向けて

全日本アンサンブルコンテスト四国支部大会への参加が決定した生徒を始め、今日も吹奏楽部が練習に励んでいます。
四国大会は2月9日徳島で開かれます。応援よろしくお願いします。

Global classmatesもあと少し。

9月から始まったGlobal classmatesの活動もあと少しとなりました。来年の23Rもこの活動に応募する予定です。

今日は学校紹介のトピックに投稿するために、紹介したい宇和高校の場所の写真を撮り、それについて英語でまとめました。彼らもアメリカの学校ついて興味津々です。また、半年間のこの活動を通して、彼らの英語のライティング力は格段に向上しました。

2年生課題研究 科学班

2年生は総合学習の時間に課題研究をしています。2月の発表会を控え、科学班では代表選びのグループ別発表を行いました。
科学班では、「割れないシャボン玉の研究」「よく飛ぶ紙飛行機の研究」「食品を用いた糊の研究」「植物の育て方から情報の真偽について確かめる研究」を行いました。
結果、シャボン玉グループが全体での口頭発表を行うことになりました。選ばれなかったグループもポスターでの発表を行います。

 

3年生の桜が丘タイムで自動潅水装置について学びました。

3年生の桜が丘タイムで自動潅水装置について学びました。農場の自動潅水装置は「PIC(ピック)」というマイコンでコントロールされています。年間7万ポットの花苗を生産する圃場では、灌水が不可欠ですが、一度にすべての圃場を灌水することは水圧の関係でできません。そのため灌水経路を切り替えながら行うのですが、人力でこの切り替えをすると、それだけで2時間以上かかってしまいます。そのため電磁弁とタイマー、PICを活用して、自動で経路を切り替え、灌水時間についても調整できるようになっています。①雨の日は灌水しない。②決められた時間ごとにリレーを切り替え灌水する。③必要な時は現場でダイヤル調整し、経路ごとに冠水時間を調整する。という3つの制御が行われていました。
Arduinoもブートオンリセット(電源が入るとプログラムが自動で実行される機能)が備わっているので、タイマー付きコンセントとリレーを活用することで、まず、②の制御についてはできそうです。






ダイコンの塩漬けを燻製にしました。

ダイコンの塩漬けを燻製にしました。
2週間ほど3%濃度の塩漬けを行い、乳酸発酵の独特のにおいを確認しました。pHは、実験前は7だったものが、5.1まで低下しており、乳酸菌以外の細菌が増えにくい環境になっていました。試食後に、燻煙室で桜のチップを使って3時間ほど燻煙しました。燻製にすると独特の香りがついて美味しくなります。塩と鷹の爪だけなので甘くておいしい調味料を添加した漬物に慣れていると食べづらいかもしれませんがお茶漬けなどに添えるととっても乙な感じになります。








生物工学科の3年生が課題研究の成果発表会を実施しました。

生物工学科の3年生が課題研究の成果発表会を実施しました。インターンシップを選択した生徒は、フジ宇和店、松葉寮、小野田牧場、田之筋保育園、西予市民病院に受け入れていただき、計13回の職場体験を年間を通して経験させていただきました。専攻班でのプロジェクト研究では、地域農産物を利用した加工品開発を行うなど次年度につながる発表が多くありました。発表後に3年生一人一人が卒業後の進路について2年生に説明し、課題研究で心掛けたことや、職場体験先で学んだ挨拶やコミュニケーションの大切さなどを伝えました。2年生も来年の自分たちと重ねて真剣に発表会に参加していました。
























教頭先生最後の授業

2月の家庭学習期間が近づいてきました。3年生の授業は今週で終わり、来週からは学年末考査が始まります。
本日4時間目の33Rの理系で、井関教頭先生による現代文Bの授業が行われました。教頭先生は今年度で退職されるため、これが最後の授業です。終了5分前に、生徒による花束贈呈が行われました。隣で授業をしていた文系の生徒や職員室にいた先生方も参加して、和やかな雰囲気で授業を終えました。
教頭先生、長い間お疲れ様でした。これからも宇和高校を温かく見守っていてくださいね。

 

一分間スピーチ

2年2組は朝のショートホームルームで1分間スピーチをしています。
来年度の進路に向けて面接の練習もかねて行っています。
3学期からは新聞記事の紹介もテーマになり、3年生0学期として3年生の準備を進めています。

高校生と議会との意見交換会

 1月21日(火)に、西予市議会において、高校生と議会との意見交換会が行われ、三瓶・宇和・野村から、それぞれの代表生徒6名ずつ18名が参加しました。宇和高校生徒代表は産業建設委員会に参加し、建設的な提案を市議会に行いました。

宇和高校からは、12R佐々木妃南 13R高山晃太朗 堀川慶都 21R富永真拓 22R鶴澤哲平 井関健太 の皆さんが参加しました。

 

甘平の収穫を行いました。

甘平の収穫を行いました。3年生が立間分教場で実習を行うのは今日が最後です。大地と共に心を耕し、このカンキツ園で色々な事を学び成長することができました。先輩が接ぎ木した株からデコポンとネーブルを収穫し、甘平と合わせて試食をしました。太陽の光をしっかり蓄え、素晴らしい出来栄えです!太陽に感謝です。










3年生の常緑果樹選択生が最後のリヤカー販売を行いました。

3年生の常緑果樹選択生が最後のリヤカー販売(ネーブル)を行いました。ついにこの季節がやってきました。素晴らしい青空のもと心を込めて地域の方々に販売することができました。無事に完売することができました。ありがとうございました。












多田小学校とのシクラメン交流学習を行いました。

多田小学校とのシクラメン交流学習を行いました。
生物工学科2年生の科目「草花」選択生が、シクラメンの栽培方法を小学生に伝授する「シクラメン交流学習」を宇和町の多田小学校で実施しました。落ち着いた雰囲気の楽しい学習会となりました。本年度、最後のシクラメン交流となりました。








 

喜佐方小学校とのシクラメン交流学習を行いました。

喜佐方小学校とのシクラメン交流学習を行いました。
生物工学科3年生の科目「草花」選択生が、シクラメンの栽培方法を小学生に伝授する「シクラメン交流学習」を宇和島市吉田町の喜佐方小学校で実施しました。落ち着いた雰囲気の楽しい学習会となりました。3年生にとって最後のシクラメン交流となりました。




 

第43回全日本アンサンブルコンテスト愛媛県大会

19日(日)松山市総合コミュニティセンターキャメリアホールで行われたアンサンブルコンテストに、本校吹奏楽部から2グループが出場しました。地区予選から熱心に練習してきた成果を発揮し、クラリネット四重奏が銀賞、サクソフォーン三重奏が金賞県代表に輝きました。

サクソフォーン三重奏は、2月9日に鳴門市文化会館で行われる四国大会に出場します。

みなさん応援よろしくお願いします!!

表彰式&壮行会

本日(17日金)、全校集会にて表彰式が行われました。

また、その後、19日(日)の県大会に吹奏楽部から出場する各部門への壮行会があり、演奏曲を披露してくれました。

全力を出し切って来てください!

農業クラブ県大会に参加しました。

 愛媛県学校農業クラブ連盟第2回各種発表県大会が1月15日、16日に国立大洲青少年交流の家で開催されました。

 本校からは生物工学科の生徒が意見発表に2名、プロジェクト発表に落葉果樹班4名参加しました。また、本校農業クラブ前会長が愛媛県学校農業クラブ連盟副会長として大会運営に携わりました。

 結果は入賞には及びませんでしたが、他校の良いところを取り入れて、改善していきます。

中川小学校とのシクラメン交流学習を行いました。

中川小学校とのシクラメン交流学習を行いました。
生物工学科2年生の科目「植物バイオテクノロジー」選択生が、シクラメンの栽培方法を小学生に伝授する「シクラメン交流学習」を宇和町町の中川小学校で実施しました。落ち着いた雰囲気の楽しい学習会となりました。










 

3年生の桜が丘タイムで温州ミカンのプロトプラストを観察してみました。

3年生の桜が丘タイムで温州ミカンのプロトプラストを観察してみました。
酵素剥皮用の「アクレモセルラーゼ」はセルロースとペクチンを一度に溶かすことができる優れた酵素で、食品添加物にも指定されているので安全性も高いものです。酵素液が等張液になるよう調整し、実験時間の短縮のために真空ポンプで酵素液が浸透しやすくしてみました。1時間弱で細胞壁(セルロース)とペクチン(細胞同士をくっつけている糊のようなもの)を分解して裸の細胞「プロトプラスト」を観察することができました。細胞壁がないと等張液中の細胞は真ん丸になるんですね。
















3年生体育も後少し

3年生の体育もあと数回となりました。バドミントン、バスケットボール、サッカーに分かれて競技を楽しんでいます。
バドミントンでは、男女混合ダブルスの試合が行われました。

 

地域活性化サミット事前打合せ会

 令和元年度「えひめスーパーハイスクールコンソーシアム in 南予」地域活性化サミットの事前打合せ会が、桜が丘会館の会議室で行われました。サミットに参加する三崎高校、南宇和高校、宇和島南中等教育学校と宇和高校の生徒6名が、愛媛県教育委員会の方の指導を受け、意見を出し合い討論のテーマを決めました。2月4日(火)の本番に向けて準備を続けています。

「高校プロジェクト」第2回打合せ会

 西予市議会と三瓶・宇和・野村高校生徒による「高校プロジェクト」第2回打合せ会を、西予市役所6階の各委員会室と会議室で行いました。1月21日(火)の本番に向けて、各委員会において議員さんと生徒との意見交換を行い、市議会議場でリハーサルを行いました。議員さんと議会事務局の方に様々なことを教えていただきました。良い機会を頂き、ありがとうございました。

 

発表ポスター作り

えひめサイエンスリーダースキルアッププログラムに参加している4人の生徒が、2月2日に開かれる「えひめサイエンスチャレンジ2019」に参加し研究成果を発表します。
現在、発表用のポスター作成に取り組んでいます。

2年生の食品製造選択生が宇和島水産高校・水産食品科の施設を見学させていただきました。

2年生の食品製造選択生が宇和島水産高校・水産食品科の施設を見学させていただきました。
「温州ミカン」の酸アルカリ法によるシラップ漬けを製造されているところを田中先生に説明していただきながら見学しました。白衣や頭髪を露出させない帽子、マスクの着用や製造施設への入室前の手洗い等、水産高校の田中先生や専攻生の方々から教えていただいた一般的衛生管理を体験するだけでも貴重な経験となりました。ミカンの缶詰製造を行う上でのCCP(重要管理点)として、シラップのpHや缶詰の巻き締め品質、加熱殺菌時のサンプルとなる缶詰の中心温度などがあることを教えていただきました。
今年の6月からHACCPの取組が義務化されるので、大変勉強になりました。ありがとうございました。
ちなみに宇和高校のダイコンも宇和島水産高校さんが製造されている「ブリ大根」の缶詰に使用していただいています!





















桜が丘タイムで温度計の校正を行ってみました。

桜が丘タイムで温度計の校正を行ってみました。食品製造の現場では、HACCPの考え方を取り入れた危害要因分析のためには正確な温度計が欠かせません。水を沸騰させ100℃に加熱したポットと0℃氷水を使ってチェックしてみました。
最後は、氷に塩を加えてマイナス13℃くらいまで低温にしてみました。こんどアイスクリームを試作してクリームソーダ―を作ってみたいです。








三年生の科目「草花」で宇和町小学校とのシクラメン交流学習を実施しました。

三年生の科目「草花」で宇和町小学校とのシクラメン交流学習を実施しました。
生物工学科三年生の科目「草花」の授業で、シクラメンの栽培方法を小学生に伝授する「シクラメン交流学習」を宇和町の宇和町小学校で実施しました。好天に恵まれとても楽しい学習会となりました。








 

課題研究

2年生の総合学習の時間に行っている課題研究も大詰めを迎えました。
2月には1年生も参加しての発表会が行われます。
スライドやポスターを現在作成中です。

1年生 租税教室

本日の6限目を利用して、1年生全員が租税教室に参加しました。

税理士の門田優氏に御来校いただき、百桜館(第2体育館)にて租税教室を実施していただきました。

税金についての話を聞き、生徒たちの理解も深まりました。身近な消費税については特に関心があったようです。

2年生の科目「総合実習」草花専攻生のシクラメン交流学習が始まりました。

2年生の科目「総合実習」草花専攻生のシクラメン交流学習が始まりました。生物工学科2年生の科目「総合実習」の授業で、シクラメンの栽培方法を小学生に伝授する「シクラメン交流学習」を昨年の12月19日に吉田町の奥南小学校と、本日、宇和町の石城小学校で実施しました。好天に恵まれとても楽しい学習会となりました。










3学期開始

本日より3学期。始業式、身だしなみ指導、ホームルーム活動、そして期首テスト(3年生は授業)が行われました。
3学期は短くすぐに終わってしまいます。目標を立てて生活をしていきましょう。
特に3年生は2月から自主学習期間に入ります。最後の学校生活を思い出に残るものにしましょう。

 

1月の農場の様子です。

1月の農場の様子です。ブルーベリー園でミノムシを発見しました。よくよく考えてみると天然材料を巧みに活用している生き物ですね。草花温室にシクラメンがありますが、現在農場で管理されているシクラメンは、地域の小学校で実施される「シクラメン講習会」で小学生に配布する予定のものです。
昨年末に実施した森林林業教室でいただいた小さな丸太を斧とハンマーを使って薪にしました。「薪割りは乾いた木よりも生木の方がやりやすいんだよ。」と教えていただきました。この薪を使って課題研究の時間に石窯でピザを焼いてみようと思います。ちなみに、バイオマス資源である木材を燃やして出る二酸化炭素は、もとは樹が光合成で大気から固定したものなので「カーボンニュートラル」であり、化石燃料を使用するよりも環境にやさしいそうです。












2年生の常緑果樹班が先進農家実習に参加しました。

2年生の常緑果樹班が先進農家実習に参加しました。宇和島市吉田町内の先進カンキツ農家の農園で2日間体験実習を行いました。農業経営の考え方や栽培管理の手法など、実習や経営者の方々とのお話を通して様々なことを学ぶことができました。
実習後の感想で、「カンキツ農業のイメージががらりと変わりました。」など、大きな刺激をもらうことができました。ありがとうございました。
















生物工学科の1年生が森林・林業体験教室に参加しました。

生物工学科の1年生が森林・林業体験教室に参加しました。(主催:愛媛県八幡浜支局森林林業課、共催:西予市森林組合、協力:西予地区林材業振興会議・西予市林業課)
「林業機械体験」、「シミュレーター・VR体験」、「ドローン体験」、「チェーンソー・手鋸体験」の4班に分かれてローテーションしながら体験を行いました。みんな初めての体験に目を輝かせながら貴重な職業体験を行うことができました。ありがとうございました。






























化学基礎

2年生の化学基礎で、実験方法についての問題を、実際に実験をしながら考えました。

答えを覚えるのは簡単ですが、「何故その答えになるのか」その理由を皆で考えることが出来ました。

 

冬休みも

冬休みになりましたが、生物工学科では実習を行っています。

草花班が体育館横の花壇にビオラを植えていました。

うわまち未来こども園おはなし会

12月20日(金)、うわまち未来こども園にて、本校図書委員によるおはなし会と、本校吹奏楽部によるミニコンサートが実施されました。

 

図書委員会では、紙芝居や大型絵本の読み聞かせや、手遊び歌や手品、パネルシアターなど、趣向を凝らした催し物を披露しました。

吹奏楽部のミニコンサートでは、おなじみのクリスマスソングや、今年大流行した「パプリカ」などを演奏しました。

 

多くの子どもたちに楽しんでもらえたようです。

うわまち未来こども園の皆様、ありがとうございました!

数学でもタブレット

10台のタブレットが入り教員が授業での利用について研究を始めています。
1年1組の数学の授業では、グラフ作成ソフトを用いて関数について学びました。

西予市議会3校合同模擬議会の第1回事前打合せ会

 

 西予市議会の協力を得て、1月下旬に、3校合同模擬議会を西予市議会議場で実施する予定です。本日は三瓶・宇和・野村の3校の代表6名ずつ計18名が、議員さんと事務局の皆さんに模擬議会開催の下準備となる御指導を受けました。議会事務局による議会に関する説明の後、総務・厚生・産業建設の各常任委員会に分かれ、打合せと意見交換を行いました。西予市議会を中心とする様々な知識を得ることができ、また、今まで入ったことがない議場で体験することができ、3校の生徒にとって非常に有意義な時間になりました。

薄力粉100%のうどんを試作してみました。

薄力粉100%のうどんを試作してみました。一般的にうどんと言えば、中力粉を使いますが、テレビ(番組名:NHK さぬきドキっ!)で薄力粉だけでうどんが作れるとの情報をキャッチし、3年生の食品製造の実習で試作してみました。生地を踏むときの袋は、丈夫な真空パック用の袋を使用しました。
試食してみると、コシのあるうどんになり驚きました。「グルテン含量が麺のコシに関係している云々は置いておいて、薄力粉なら家にもあるので作ってみます。」と言ってくれる生徒もいました。














宇和高校立間分教場カンキツ園産の温州みかんジュースを販売します!

宇和高校立間分教場カンキツ園産の温州みかんジュースを販売します!
愛媛県GAP認証を取得し、認定農産物として販売できるようになった温州ミカンを、「愛工房株式会社」でジュースに加工してもらいました。720ml入りで限定140本ほどですが、校内販売を行います。1箱6本入りの箱売りも行います。
糖度は10.3、pHは3.65でした。pH4以下であれば、賞味期限が1年間となりますので、宇和高産カンキツを夏場にもPRできるようになりました。






シェイクアウトえひめ(県民総ぐるみ地震防災訓練)

17日(火)にシェイクアウトえひめ(県民総ぐるみ地震防災訓練)に参加し校内防災避難訓練を行いました。
地震の発生と、それによる火災の発生を想定し、各々で考えて避難することができました。
消火訓練も予定していましたが雨天のため体育館での防災DVD視聴を行いました。

サッカー部2回戦へ

 12月14日(土)15:30より、宇和島市丸山公園サッカー競技場で、宇和高校サッカー部は大洲農業高校と対戦しました。頑張った結果、前半3点、後半1点を入れることができ、4-0で勝利しました。ここまで様々な御支援をいただきました、保護者や生徒の皆さん、OBや地域の方々、本当にありがとうございました。2回戦は、12月21日(土)11:30、宇和島市丸山公園の陸上競技場で、宇和島南中等教育学校と対戦します。御声援よろしくお願いいたします。

宇和高校、ICT教育充実します!

来年4月からWi-Fiが完備され、タブレット40台が導入されます。それまでの間は試行期間ということで、10台を活用できるようになりました。今日は早速23Rのコミュニケーション英語Ⅱの授業でジグソー活動を行いました。ロイロノートを使用し、プレゼン発表の準備を進めています。

シクラメン交流学習を田之筋小学校で実施しました。

シクラメン交流学習を田之筋小学校で実施しました。
シクラメンの栽培方法を小学生に伝授する「シクラメン交流学習」を宇和町の田之筋小学校の5・6年生を対象に実施しました。生物工学科3年生の科目「草花」の校外実習とした活動は、好天に恵まれとても楽しい学習会となりました。




生物工学科の2年生が「第2回 SDGs講習会」に参加し、愛媛大学の小林先生から講義を受けました。

生物工学科の2年生が「第2回 SDGs講習会」に参加し、愛媛大学の小林先生から講義を受けました。SDGsの17のゴールの中で、宇和高校生物工学科の4つの専攻班である、野菜班、草花班、常緑果樹班、作物・落葉果樹班の活動とのかかわりを考えました。
小林先生は、アフガニスタンで亡くなられた医師の中村哲さん(73)のニュースを紹介され、医師である中村さんは現地の人たちの健康を抜本的に改善するためには薬ではなく、用水路を整備して農業を復活させることこそが本当の治療だと、信念を持って活動を長年続けられてたと知りました。
「農業とは一言で言うとなんだろう?」という問いかけに、グループで話し合い、いろいろな意見が出ました。文化の継承や命を守る、助ける。自分たちが生きるために必要なことは、アフガニスタンの人たちにも必要なことなのだと強く感じました。水や食べ物は昔から紛争と結びついています。農業は、平和作りというSDGsのゴールにも深くかかわっていると実感しました。中村さんのご冥福を心から願っています。










ちなみに、立間分教場カンキツ園の消火器も「蓄圧式(ちくあつしき)」です。

ちなみに、立間分教場カンキツ園の消火器は「蓄圧式(ちくあつしき)」です。
避難訓練などでもおなじみの粉末ABC消火器は、普通火災、油火災、電気火災のすべてに対応する優れた性能を持っていますが、従来型のものは「加圧式(かあつしき)」で、消火器の中に別体のボンベがあり、ピンを抜いてレバーを握ると瞬間的に加圧されて粉末が放出されるタイプでした。近年このタイプが無くなってきているのは、ボンベの腐食などでいざという時に、急激に加圧するとボンベが破裂するなど、別のリスクが発生する可能性があるからだそうです。
宇和高校で配備されている「蓄圧式」は常にボンベ内に圧力がかかっているので、圧力の変化が少なく、いざという時にも安心して使えるそうです。見分け方は簡単で、点検のための圧力ゲージがついているものが「蓄圧式消火器」です。防災士の講習会で教えてもらいました。廊下で見かけたら少し意識して見てほしいポイントです。

 

極寒の食品加工室で2回目のシュトレン作りを学びました。いよいよクリスマスですね。

極寒の食品加工室で2回目のシュトレン作りを学びました。講師のウルリヒ先生は、寒くてもいつもは半袖で作業をされるのですが、今日はさすがにセーターを着て作業されていました。発酵菓子なので、生イーストで中種の生地が膨らむように温度を保ちながら作業しました。
シュトレンは、砂糖がない時代に、クリスマスだけでも美味しいものを食べようとドライいフルーツの甘さを生かして、特別なシュトレン香料(シナモンベース)を加えて、美味しく体の温まる幸せになるお菓子として作られるようになったそうです。シュトレン香料の配合割合は秘密ですが、今回使用したものには、シナモン、カルダモン、アニス、ナツメグ、ショウガ、クローブ、コリアンダー、オールスパイス、バニラ、レモン等が入っているそうです。焼き上げてすぐは、甘みが出ませんが室温で数日置いておくとしっとりと美味しい味わいになります。
今回は、宇和高産の干し柿のラム酒漬けも混ぜてみました。






干し柿のリヤカー販売が始まりました。

今年もあんぽ柿という干し柿が完成しました。硫黄でいぶすことでみずみずしい食感を残した干し柿です。

そのあんぽ柿を早速2年生落葉果樹専攻班7人がリヤカー販売しました。

お買い求め頂いた地域の方々、ありがとうございました。今後もリヤカー販売をする予定ですので、ぜひ、お買い求めください。

 

クラスマッチ2

2学期のクラスマッチが行われました。

生徒会、体育委員会が運営に当たり、各部活動の部員たちが審判等を担当してくれました。

大きな怪我もなく無事、終えることができました。

クラスマッチ

本日クラスマッチが行われました。
1年生がバレーボール・バドミントン・サッカー、2・3年生がバスケットボール・サッカーを行いました。
2学期の最後にクラスの団結を深めることができました。

2学期パフォーマンステスト

2年3組の生徒が英語のパフォーマンステストを行いました。今回はSpace Elevatorについての四コマ漫画のリテリングと、それに関する自分の意見を2分30秒の英語で話してもらいました。評価もしっかりとルーブリックを用いて行いました。

酸と塩基

2年2組の化学基礎の授業で、私たちの身の回りにある液体の液性を調べました。
中学校でも酸塩基(アルカリ)は習っているので、思い出しながらpH試験紙を使い液性を確認しました。

 

 

「地域を担う心豊かな高校生育成事業」の交流活動と奉仕活動を2学年団が実施しました。

心豊かな高校生育成事業の交流活動と奉仕活動を2学年団が実施しました。宇和児童館や松葉学園、福祉の里デイサービスセンター、宇和特別支援学校、先哲記念館や米博物館、開明学校、民具館、宇和文化会館などに分かれて実施しました。天候にも恵まれ、午前中の短い時間ではありましたが、交流や清掃活動を通して日頃宇和高校を支えていただいている町内の方々と接することができ充実した時間を過ごすことができました。


















食育実演講演会が開催され31Rの生徒が参加しました。

食育実演講演会が開催され31Rの生徒が参加しました。講師の中村和憲先生から、これから社会に出て自立して充実した食生活を送るための大切な基礎となる部分を教えていただける貴重な時間になりました。本日の献立は、ねぎ塩豚丼、茶わん蒸し、わかめの佃煮、黒糖蒸しパンでした。身近にあるもので手軽に栄養バランスのとれた食事が作れることを学びました。お米とお味噌汁、そして野菜をたくさん食べる食生活を身に付けていきたいです。お礼の挨拶では、生物工学科で栽培している「紅まどんな(愛媛果試第28号)」を中村先生にプレゼントしました。本日はありがとうございました。












地域の史跡(松葉城と黒瀬城)

 戦国時代に南予地方を治めていた西園寺氏の居城、松葉城の遺構です。登山道を登れば、入り口に階段があり、本丸に通じています。眺望は抜群で、石城方面が遠望できます。情勢が厳しくなり、西園寺氏は、松葉城から黒瀬城に居城を移します。特に長宗我部氏の侵入が激しくなります。黒瀬城の左下に、西予市庁舎が遠望できます。

 黒瀬城は、郭が段状に連なっており、帯郭も残っています。三の郭からの市街の眺望がすばらしく、松葉城址とその続きの山の中腹下にある米博物館や中町の開明学校もよく見えます。戦国時代の土塁もよく残っており、切り通しの遺構もあります。

弁論大会優秀賞

第33回県高校総合文化祭 弁論部門で2年生中野さんが優秀賞に選ばれました。

来年夏に高知県で開催される全国高校総合文化祭に出場することになりました。

(掲載許可番号:d20191128010)

教職員健康増進事業

期末考査一日目、教職員対象の健康増進事業が行われました。

今年度は、合同会社ラフィットの佐藤先生にお越しいただき、フットケアを教えていただきました。
「足は第二の心臓である」とのことで、足のマッサージで身体をリフレッシュさせることができました。

 

3年生の常緑果樹選択生が防風林の整備と、宮川早生の園地更新を行いました。

3年生の常緑果樹選択生が防風林の整備と、宮川早生の園地更新を行いました。生垣の真木(まき)を刈り込んで整えました。
さらに、午後には宮川早生の園地更新を行いました。今まで20年以上生徒たちと共に育った樹ですが、園内整備のため更新を行います。園地の地下水位が高いので排水性を高め、畝を作って若い苗木を定植する予定です。伐採した老木はチッパーでチップ化し、畑に還元しました。












2年生の食品製造でみたらし団子と蒸しまんじゅうの試作を行いました。

2年生の食品製造でみたらし団子と蒸しまんじゅうの試作を行いました。宇和高産の米粉と甘酒ペーストを使って白玉団子を作り、みたらしのタレには、宇和町産の醬油を使ってとっても地産地消なものになりました。蒸しまんじゅうにはブラッドオレンジやレーズンのラム酒漬けを混ぜたものなどを作ってみました。米粉のβデンプンが加水され加熱されることでαデンプンに変化します。(糊化)














3年生の食品製造の実習で干し柿製造を行いました。

3年生の食品製造の実習で干し柿製造を行いました。愛宕柿(アタゴガキ)を収穫し、はく皮してから、T字に残したヘタを縄編みして10連の吊るし柿を作ります。その後、硫黄燻蒸(2mあたり30gの硫黄を燃やし15分)を行い、二酸化硫黄(亜硫酸ガス)のコーティングを行うことで、果肉表面の酸化を防ぎ鮮やかな色を保ち、また暖冬時のカビを防ぐことができます。












職業発表

 1年生の「社会と情報」の情報活用の一環として職業についての発表を行いました。
 インターネットからだけではなく、身近な人から情報を聞く生徒も居て、深い発表となりました。

研究授業

2年1組でホームルーム活動研究授業が行われました。
進路決定が近い2年生ということで、ライフプランを考え自分のことを見つめなおす活動を行いました。
全員が楽しく、真剣に活動することができました。

課題研究

2年生の総合学習の時間に行っている課題研究も大詰めです。
来月には発表原稿等の作成が始まります。
修学旅行等であまり時間を取ることもできませんでしたが、その中でできる限りの研究を行っています。

 

「Arduino」で温・湿度センサーの計測値をLCDに表示してみました。

3年生の桜が丘タイムで、「Arduino」で温・湿度センサーの計測値をLCDに表示してみました。パソコンがなくても数値が読めるようになったので、モバイルバッテリーや電源アダプタにつなぐことで外でも計測ができるのようになりました。「スマート百葉箱」作りに一歩前進です。最終的にはSDカードでデータを記録したり、Wifiでデータを送信できるようにしていきたいです。




生物工学科の1年生がフラワーデザインの講習会に参加しました。

生物工学科の1年生がフラワーデザインの講習会に参加しました。フラワー装飾の先生である野首先生に来校いただき、基本的なスパイラルブーケやバスケットアレンジメントについて学ぶことができました。ほとんどの生徒が生花に触れるのは初めてだったのでドキドキしながら楽しむことができました。












PTA合同街頭指導

本日の朝、PTA合同の街頭指導が行われました。
お忙しい中参加していただいたきありがとうございました。

校門では、交通安全委員と風紀委員が挨拶運動を行いました。

保健講話が行われました

18日(月)6限目に保健講話が行われました。
長野産婦人科の助産師 坂本先生にお越しいただき「命を見つめて」という演題で講演をしていただきました。
出産を通して命の大切さを知る良い機会となりました。

 

3年生の食品製造の実習で手ごね生地のピザの作り方を教わりました。

3年生の食品製造の実習で手ごね生地のピザの作り方を外部講師の杉沢先生とウリ先生から教わりました。生地にローリエを混ぜ、焼き上げる時にはオレガノやオリーブオイルを加えてからオーブンに入れます。試食するととっても高級感のある風味があり、とても美味しかったです。残念ながら雨で石窯は使えませんでしたが、次回が楽しみです。










「えひめ・まつやま産業まつり 愛媛すごいもの博2019」に参加しました。

生物工学科の2・3年生の常緑果樹班と草花班が「えひめ・まつやま産業まつり 愛媛すごいもの博2019」に参加しました。「えひめGAP」の認証農産物である温州ミカンやマフィンや蒸しパンなどの加工品の販売を行いました。また、日頃の学習成果をパネルで展示して情報発信しました。






















JAえひめ南「味楽共選場」を見学させていただきました。

2年生の常緑果樹班が、JAえひめ南「味楽共選場」を見学させていただきました。光選果機で選果され箱詰めされた温州みかんが次々に大型トラックに運ばれていました。トラックの運転手さんに何箱入るのかうかがってみると、「重量にもよるけれど1200ケースは運べるよ。」とのことでした。ここから愛媛県宇和島市吉田町のみかんが日本中に流通していくのだと実感できます。








朝清掃

家庭クラブ活動の朝清掃。今週は1年2組の生徒が活動しています。

朝の冷え込みも厳しくなって来ましたが、早くから元気に清掃をしています。

 

類型選択

普通科1年生の類型選択の時期がやってきました。

2年生になるとI型II型に分かれて授業を受けることになります。

先週のホームルーム活動では、2年生からI型II型の特徴や選択科目について教えてもらいました。