カテゴリ:生物工学科

アサギマダラのマーキングが進んでいます。

宇和高校の農場花壇と西予市中川地区のフジバカマ園でアサギマダラのマーキングが進んでいます。宇和高校ではuwaHS、中川地区ではuwaNAKのマークと記入月日、通し番号、記入者のイニシャルを記入しました。現在、宇和高校で24個体、中川地区で8個体へのマーキングを行いました。
 





秋苗の販売がスタートしました。

秋の花苗(パンジー・ビオラ・ハボタン)鉢物(シクラメン)の販売がスタートしました。草花専攻班の実習生たちが、コンディションの良い花苗が提供できるよう頑張っています。
 

 

 

農場でサツマニシキを発見しました。

農場でサツマニシキという蛾を発見しました。青緑色の光沢があり、とてもきれいです。蛾というと日本では地味な色のものを多く見かけますが、世界的には蝶よりも蛾のほうが美しい羽根を持つものが多いそうです。コチョウランの学名はファレノプシスですが、この語源も「蛾」という意味です。